スポンサードリンク

ハスクバーナのストリート向け新型バイクがいよいよデビュー! 日本市場へ

ハスクバーナ・ヴィットピレン701
スポンサードリンク

ハスクバーナ・モーターサイクルズ ・ジャパンは2018年2月1日、新型モーターサイクル「ヴィットピレン701」および「ヴィットピレン401/スヴァルトピレン401」を日本市場に導入すると発表した。

初心者から上級者まで

ヴィットピレン/スヴァルトピレンは、2017年のミラノモーターサイクルショー(EICMA)で発表された、ハスクバーナのストリート向けモーターサイクルである。701は55kW(約75ps)と72Nmを発生する693cc単気筒エンジンを、401は32kW(約44ps)と37Nmを発生する375cc単気筒エンジンをそれぞれ搭載。ヴィットピレンは「白い矢」を、スヴァルトピレンは「黒い矢」を意味している。

往年の名車を想起させるシンプルさと斬新さを両立させたデザインや、初心者から上級者までの幅広い層に対応する走りなどがその特徴としてうたわれている。

車両の概要は以下の通り。

ヴィットピレン701

ハスクバーナ・ヴィットピレン701

ハスクバーナ・ヴィットピレン701

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高=–×–×–mm
  • ホイールベース:1434±15mm
  • 車重:157kg(乾燥重量)
  • エンジン:693cc 水冷4ストローク 単気筒 OHC 4バルブ
  • トランスミッション:6段MT
  • 最高出力:約75ps(55kW)/8500rpm
  • 最大トルク:72Nm(7.3kgm)/6750rpm

ヴィットピレン401/スヴァルトピレン401

ヴィットピレン401/スヴァルトピレン401

ヴィットピレン401

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高=–×–×–mm
  • ホイールベース:1357±15.5mm
  • 車重:148kg(ヴィットピレン401)/150kg(スヴァルトピレン401)(乾燥重量)
  • エンジン:375cc 水冷4ストローク 単気筒 DOHC 4バルブ
  • トランスミッション:6段MT
  • 最高出力:約44ps(32kW)/9000rpm
  • 最大トルク:37Nm(3.8kgm)/7000rpm
スヴァルトピレン401

スヴァルトピレン401

価格はヴィットピレン701が135万5000円で、2018年7月に発売予定。ヴィットピレン401/スヴァルトピレン401はともに77万7000円で、同年4月に発売予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です