スポンサードリンク

MotoGP:2019年開催の電動バイク戦『Moto-e』、実車を初公開。冠スポンサーも

2019年開催の電動バイク戦『Moto-e』
スポンサードリンク

MotoGPをプロモートするドルナスポーツは2月6日、電動バイクで争う新シリーズ『FIM Moto-e World Cup』のタイトルスポンサーを発表。あわせてレースで使用するエネルジカ製バイクの実車もお披露目した。
Moto-eは、ドルナスポーツが2019年の開催を目指している電動バイクによる新たなチャンピオンシップ。世界選手権ではないが、電動フォーミュラで争われているABBフォーミュラE選手権の二輪バージョンとも呼べるものだ。
シリーズに関してはすでに、使用されるマシンがイタリアの電動バイクメーカー、エネルジカ・モーターカンパニーが販売するスーパーバイク『エゴ』であること、ミシュランがタイヤサプライヤーを担当することが明かされている。
6日、イタリア・ローマで行われた発表会では、新たにイタリアのエネルギー企業『Enel(エネル)』がシリーズタイトルスポンサーに就任することが発表された。
このエネルは世界有数の規模を誇るイタリアの大手電力事業・エネルギー会社。現在は民営企業だが、以前は国有企業だったこともある大企業だ。
シリーズの冠スポンサーであるエネルは、シリーズに充電設備などを提供する
シリーズの冠スポンサーであるエネルは、シリーズに充電設備などを提供する

今後、エネルは電力モビリティ部門『エネルX』を通じて、Moto-eに充電技術や充電設備などを提供する。
また、エネルは『サステイナブル・パワーパートナー』としてMotoGPにも参画。同社が培ってきたソリューションを通じて、MotoGPイベントの省エネルギー化に貢献するという。
発表会ではロリス・カピロッシがエネルジカ・エゴを操り登場
発表会ではロリス・カピロッシがエネルジカ・エゴを操り登場

イタリア・ローマで行われた発表会で、エネルジカ・エゴの実車がお披露目された
イタリア・ローマで行われた発表会で、エネルジカ・エゴの実車がお披露目された

加えて、今回のイベントではワンメイクマシンとなる『エネルジカ・エゴ』のレース仕様車が、元MotoGPライダーのロリス・カピロッシによってお披露目された。
レース仕様のエゴは10kW/5000rpmで147馬力を発生させ、最高速度は時速250キロ。停止状態から100キロまでの加速はわずか3秒という驚異的なスペックを誇る。
またシリーズは計11チーム18台のバイクで構成されることもアナウンスされた。テック3、LCR、マークVDS、プラマック、アビンティア、アンヘル・ニエト、グレシーニといったMotoGPに参戦するプライベーターが2台ずつ、Moto2/Moto3クラスから4チームが各1台ずつを走らせる予定だ。
Moto-eの2019年開催スケジュールについては発表されていないものの、ヨーロッパ圏で全5戦を開催予定。決勝レースの周回数は8周が予定されている。
2019年スタートのMoto-eで使用されるエネルジカ・エゴのレース仕様車
2019年スタートのMoto-eで使用されるエネルジカ・エゴのレース仕様車

2019年スタートのMoto-eで使用されるエネルジカ・エゴのレース仕様車
2019年スタートのMoto-eで使用されるエネルジカ・エゴのレース仕様車

シリーズの冠スポンサーであるエネルは、シリーズに充電設備などを提供する
お披露目されたマシンには、エネルのロゴが大きくあしらわれている

AUTO SPORTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です