スポンサードリンク

ヤマハが2018年10月からバイクレンタルを開始。免許保有者3割しか車両持てない現実にテコ入れなるか

ヤマハバイクレンタルWebサイト
スポンサードリンク

ヤマハは、「ヤマハ バイクレンタル」を2018年10月1日よりヤマハスポーツバイク取扱店を中心に開始することを発表した。予約受付は9月19日より。

背景にレンタル利用増と、免許保有者の7割がバイク未保有

少子化、レンタル利用者増、免許保有者3割しか車両もたない現実…。
リリース文を読むと、バイクを売るべきヤマハがレンタル事業をはじめた、日本のオートバイ業界の背景が伺える。

バイクの楽しさを手軽に実感

国内二輪保有台数は、小型二輪が27年連続で増加傾向にあるなど、スポーツバイクの需要は安定的に推移していますが、新車購入者は40代以上の中高年層が中心で、少子高齢化や趣味の多様化などの影響が及んでいます。

一方、レンタルバイク利用者は年々増えており、平均年齢も38.6歳※と軽二輪購入者の平均年齢43.2歳※に比べ、若年層の利用が多くなっています。
また、二輪免許を取得するも運転技量への不安が払拭できないまま購入せずに長期間経過、さらに維持費の捻出や駐車スペースの確保が難しいなど、さまざまな理由から、二輪免許保有者の実に7割※がバイクを保有していないという調査結果も出ています。
※いずれもヤマハ調べ

こうした状況を受け、当社では、バイクの楽しさを手軽に実感いただく機会の創出と新たなヤマハファンの拡大を図ろうと「ヤマハ バイクレンタル」を開始します。より多くの方が利用しやすいレンタル車両や料金を設定するほか、保険・補償を充実させ、ツーリングに便利なアクセサリーを車両に装着するなど、安心してご利用いただける内容を備えました。

今後、レンタル車両のラインアップ拡充や旅先でも利用しやすい店舗の設置、継続利用しやすいプラン、ライディングスクール「ヤマハ ライディングアカデミー」などの各種既存イベントとの連携、インバウンド需要にも対応するツーリングプランの充実など、「ヤマハ バイクレンタル」を軸により多くのお客さまとヤマハとの結びつきを強化していく予定です。

まだ少ないレンタル店舗数だがヤマハらしい魅力も

店舗数を見ると、ツーリング人気の高い北海道には店舗がなく、東京都内には2店舗しかないなど、店舗数の少なさに課題が残る。しかし、バイクメーカー独自のキメの細かい車両装備や、ライディングスクールと連携するなど、ヤマハらしい特徴が魅力的だ。レンタルバイク業者といえば「RENTAL 819」が全国的な店舗ネットワークと豊富な車両で有名だが、いかにヤマハがライダーの心を掴むかが今後の鍵となるだろう。

ヤマハ バイクレンタル https://bike-rental.yamaha-motor.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。