スポンサードリンク

オートバイ用スマートヘルメットJARVISHがクラウドファンディングに登場!2019年後半に出荷予定

バイク用スマートヘルメットJARVISH
スポンサードリンク

クラウドファンディングなので実際に販売されるかは、決定まで確定ではないが、ライダーにとっては嬉しい商品なので、備忘録としてまとめました。

スマートヘルメットJARVISHの動画

アイアンマンのような拡張現実感HUD

スマートヘルメットJarvish Xは未来のAFを感じさせる様々な機能を提供し、AlexaSiriGoogle等の音声コマンドを使って、運転に集中しているライダーの代わりに電話をかけたり、音量を調整したりすることができるカーボンファイバー製ヘルメット。

JARVISH(X-AR)の機能一覧

開発中の画面であるため実際の搭載されるかはわからないが、動画を見る限り以下の機能が盛り込まれるようだ。

  • Alexa、Siri、Google等の音声コマンド
  • 交通情報
  • 天気表示
  • スピード
  • 羅針盤
  • タンバイターンナビ(方角アイコン基本の簡素なナビ)
  • リアカメラ映像
バイク用スマートヘルメットJARVISH

スマートヘルメット「JARVISH」は、時計、交通情報、天気、スピード、などを表示し、ライダーに通知する。

バイク用スマートヘルメットJARVISH

後方カメラを搭載し、HUDにリアビューを表示。

JARVISHヘッドアップディスプレイ内蔵

スマートヘルメットにはXとX-ARの2種類のタイプがある。そのうちの1つ、X-ARには、ヘッドアップディスプレイ(HUD)が含まれており、交通、天気、スピード、などの情報を通知し、リアカメラ映像も表示され安全な運転情報をライダーに送ることができる。バッテリーには100%軍用のものが使用されるので頑丈だ。

上の動画を見ると、HUDの左目グラスの取り出しは音声コントロールでスマートに装備することができる様子が伺える。これはいかにも未来的でスマートだ。実際の製品版で装備されるかはわからないが、ヘルメット内蔵カメラや非接触充電などのデモが写っている。

本格的なARは未装備か
公式案内にはARと説明されているが、PRビデオをみると、Googleグラスのような拡張現実といえる機能は今現在なく、交通情報を平面的に表示させているだけようだ。でも、ライダーにとっては立体的なARの前に、これでも十分に未来的なラインディングが行えそうで期待が高い。

このクラウドファンディングプロジェクトは、500,000ドルの投資目標額でスタート。わずか数日後に200,000ドルを集め2019年後半に出荷を予定しているという。(2018年12月7日現在で300,000ドルほど)

スマートヘルメットJARVISH公式サイト

JARVISH

●クラウドファンディングサイト
KICKSTARTERJARVISH

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。